楽眠堂アコースティックライブvol.44 2017/6/17

「花鳥風月」  44回目になる楽眠堂を主催してきたメグさんのユニット。珍しくオリジナル曲よりコピー曲を多めな選曲今日は下関からのゲストを迎えてホストモードなのか何故かトップの出演でしたが予想どおり盛り上がったのでお約束のバブルで締めました。 


「Though Seed」ムネリン・モッちゃん・玉さんのオッさん2人とイケメンのトリオ。普段はバンドでも活動しているアコバージョン、コピー曲斎藤和義からご存知ナンバーからマニアな曲までホッコリのステージでした。  

最後は決めポーズで「なんて日だ!」


「Folky Bones」  最も踊れるアコースティックバンドの初出演「みなと今治音楽横丁」で大活躍のオリジナルのバンド。 歌詞には社会風刺の強いメッセージ!人生に真っ向勝負する真剣さを感じるなぁ。 


「にっこりちきたん」下関からわざわざジャムに来てくれました! 心から音楽を愛してやまない楽しさが伝わります。イエローモンキーのコピー中心ですがオリジナル「月の光」もカッコよかった! 大サービスのプレゼントコーナーで盛り上がりまして、ジャムサウンズがドンキーコングになってました


「ガラクタ」 いきなり未来予想図Ⅱですか?で始まりズット呆けっぱなしのトーク、お客さんと一緒にボケまくり。本当ら真面目なユニットなのに何故? 


「パート★コカーン」 やっぱりイエモンなのか?安定のイエモンなのか?カバー曲で聞くとまた新鮮なグルーブ感があるよね~。えっニルバーナって期待したらただ「コカーン」と言いたかっただけなのだった。   

今治 Jam Sounds

ライブハウス・LM楽器・練習スタジオ・CD/DVD・PAレンタル・レコーディング・曲編集など 音楽のことなら発表会からCD制作までお任せください!

0コメント

  • 1000 / 1000